« 北京オリンピック | トップページ | 応援に忙しい毎日 »

竹島問題

文科省の教科書記述に端を発した竹島問題で、韓国が制裁ならぬ態度を表明している。

今に始まったことではないが、問題を先送りしている日本の政治がだらしないから、官僚も動きがとれず、こんな問題を起こしているのだと思う。

韓国も韓国だ。民間でさえいろんな交流を中止にしてきている。中国も似たところがあるが、話し合いを持とうという気はないのだろうか?どうも前向きに考えていると思えない。

話し合いがつかないのであれば、その島の中心を境界にするか、両国の所有にするか決めてしまえばいい。尖閣諸島もそうだし、北方4島も同じだ。

歴史をさかのぼっていけば、日本の領土になるのかもしれないが、日本のわがままで領土を広げようとしたこともあったのだから、日本は妥協も必要であろう。一時期、台湾や満州、韓国も日本の領土であったわけだが、返却の際にどこまでかを明記していなかったのだろうから、この際話し合って決めるとすっきりする。

自国の利益のみ考えていては日本も韓国も世界に取り残されてしまう。

|
|

« 北京オリンピック | トップページ | 応援に忙しい毎日 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北京オリンピック | トップページ | 応援に忙しい毎日 »