« 無責任な太田農水大臣の辞任 | トップページ | プロ野球 日本シリーズ »

誰のための政治?

中山成彬前国土交通相が次の衆議院議員選挙に出馬しないことを表明しました。彼の選挙区が宮崎であることで、一躍脚光を浴びたのが現宮崎県知事の東国原氏。

すぐに反応したのが民主党の鳩山幹事長。東国原氏が自民党で出馬すると決め付けているのかどうかわかりませんが、「1期目の途中で国政に転出することになれば、多くの県民は失望する。1期、2期と県政をしっかり担当すべきではないか」とアドバイス?

東国原氏が出馬すれば、民主党の不利になると思ったのかどうかわかりませんが、ある意味内政干渉ではないかと思ったりします。もっとも、当の東国原氏は、県民の意向を尊重する、と大人の発言をしています。

解散総選挙がどうのこうの、民主党がどうのこうのと言い争っていますが、国会議員の本来の仕事は、反対政党の批判ではなく、いかに日本をよりよい国にしていくかを議論し、法整備を図っていくことです。

麻生総理大臣の所信表明演説にも失望しましたが、最近の野党のだらしなさにも失望しています。どうせなら、国会議員を衆議院、参議院とも半数に削減し、経費節減をしたらどうかと思います。でも、それって国会議員が決めるんですよね・・・

誰のための政治なのでしょうか?

|
|

« 無責任な太田農水大臣の辞任 | トップページ | プロ野球 日本シリーズ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無責任な太田農水大臣の辞任 | トップページ | プロ野球 日本シリーズ »