« 回復しない日本経済 | トップページ | 世の中何があってもおかしくなくなった? »

宝くじ 仕分け

宝くじが事業仕分けの対象になった。最初意外なところが、と思っていたら、なるほどと思えてきた。
ここも天下りの役人が十数人いて一人当たりの年収が2,000万円。鹿児島県知事が妥当な金額、と支持した。見学者から罵声が浴びせられたみたい。もっともな話だ。一人当たりの年間所得がワースト3位くらいの鹿児島県の、そのトップがこんな認識だ。大丈夫かと思ってしまう。鹿児島に帰るときにどんな気持ちになるのだろう。
秋田県知事は、私の年収より高いと言った。周囲の人たちの納得の笑い声があった。
いまの日本は、就職したくてもできない。就職しても収入が少なく生活ができない人が多くいる。60%くらいの人が苦しいと言っている。 反面数千万円の年収をもらって悠々自適な生活をしている人がいる。 一握りの裕福な人たちの都合のいい法律などで、多くの人たちが苦しんでいる今の日本はどう見てもおかしい。
昔は、国のやり方に反発した百姓たちが一揆を起こした。日本もそれに近い状態に近づいてきているような気がしてならない。
国会議員も、国民のため、などの建前論を述べて、選挙対策という自衛策のための本音に全力を注いでいる。おかしな国になったもんだ。

|
|

« 回復しない日本経済 | トップページ | 世の中何があってもおかしくなくなった? »

「ニュース」カテゴリの記事