« 2010年5月 | トップページ

世の中何があってもおかしくなくなった?

世界の先進国の人たちって、日本人みたいに心の優しい、まともな考えの人たちばかりと思っていたけど、違うって感じてきました。
2:8の法則って知っていますか?
20%の人たちが全体の80%の資産を持っているんだそうです。
ということは、残り20%を80%の人たちで食いつないでいるということです。
20%の優秀な社員が会社の80%の売り上げに貢献しているんだそうです。
ということは、80%の社員は、業績の20%しか貢献できていないということです。
うーん、わかるような気もする。
自分、どっちかな?
仕事は上位20%には入っていそうにないから、80%のほうかな?
資産?断然80%の、しかも末端の貧困家族。
格差是正のためには、国が毎年一人当たり100万円あげること。
20%の人たちが持っている80%の資産の価値を薄めることがいいと思います。
そうすると、お金が回っていくと思います。
パナマ文書、あんなのみんなおかしいと思うでしょ!

|
|

« 2010年5月 | トップページ