宝くじ 仕分け

宝くじが事業仕分けの対象になった。最初意外なところが、と思っていたら、なるほどと思えてきた。
ここも天下りの役人が十数人いて一人当たりの年収が2,000万円。鹿児島県知事が妥当な金額、と支持した。見学者から罵声が浴びせられたみたい。もっともな話だ。一人当たりの年間所得がワースト3位くらいの鹿児島県の、そのトップがこんな認識だ。大丈夫かと思ってしまう。鹿児島に帰るときにどんな気持ちになるのだろう。
秋田県知事は、私の年収より高いと言った。周囲の人たちの納得の笑い声があった。
いまの日本は、就職したくてもできない。就職しても収入が少なく生活ができない人が多くいる。60%くらいの人が苦しいと言っている。 反面数千万円の年収をもらって悠々自適な生活をしている人がいる。 一握りの裕福な人たちの都合のいい法律などで、多くの人たちが苦しんでいる今の日本はどう見てもおかしい。
昔は、国のやり方に反発した百姓たちが一揆を起こした。日本もそれに近い状態に近づいてきているような気がしてならない。
国会議員も、国民のため、などの建前論を述べて、選挙対策という自衛策のための本音に全力を注いでいる。おかしな国になったもんだ。

|
|

草ナギ事件

草ナギ君の事件について思います。

人気歌手、人気タレントなだけに社会の話題になってしまいましたが、一般の人だったら地方のニュースにもならないくらいの事件です。

そういう点で言うと、顔が広いと責任も重たくなるのかな、とも思います。ストレスも尋常ではないだろうと思うと、今の自分でいいのかな、と納得します。

コマーシャルにも多く出演していましたが、ほとんどが中止、放映禁止の対応を取っていますが、私はこの現象に意義があります。

公衆わいせつは確かに違法でしょうけど、窃盗、脱税、麻薬や飲酒運転などに比べると重くないと思います。というか、今回の草ナギ君の行為は、彼の人格を疑うようなことではないと思うのです。

私が言いたいのは、コマーシャルすべてが放映禁止になるほどのことか、ということです。1社くらいは「私どもの会社の見解はCMを中止するほどのことではないと判断し、縮小はしますが放映は継続します。」くらいのことをやってもいいのでは、と思います。

鳩山大臣も大人気ない発言をしましたが、あなたが言ったそのことばをそっくりあなたにお返しします。

| | コメント (0)
|

伊藤和也さん 安らかに!

残暑が厳しい中、朝夕はだいぶしのぎやすくなってきました。

9月に入り、今年の大きなイベントが終わった感がありますが、

今年は例年と違ういろんなことがあったように思います。

地球温暖化が原因なのか、集中豪雨が全国で猛威を振るいました。

雨の降り方が今までと違う気がします。お日様が出ていたと思ったら、

急に暗くなり、大粒の雨が降り出し、雷も鳴り出します。

東南アジアでスコールというのがありますが、まさにあれと同じです。

日本も熱帯地方に入ってくるのでしょうか?

そんな中、先日とても悲しい事件が起こりました。

アフガニスタンでの伊藤和也さんの殺害事件、ショックです。

アフガニスタンのために働いているのに、一部の不快感を持つ人に

命を奪われる、という事件が現実に起きてしまったのです。

こういうことはあってはならないことです。でも、そういう人たちがいることは

渡航前にわかっていたことと思います。

誰もそれを止められなかったのでしょう。親でさえも・・・

死んでしまったら何にもならないと思います。でも、強い正義感や

探究心があって、本人が生きがいとして選んだ道でしょう。

伊藤和也さんの志望動機などが所属していたペシャワール会から

公表されました。2003年6月15日付けの文書です。


私がワーカーを志望した動機は、アフガニスタンに行き、

私ができることをやりたい、そう思ったからです。

 私が、アフガニスタンという国を知ったのは、2001年の9・11

同時多発テロに対するアメリカの報復爆撃によってです。

 その時まで、周辺国であるパキスタンやイランといった国は

知っているのに、アフガニスタンという国を全く知りませんでした。

 「アフガニスタンは、忘れさられた国である」

 この言葉は、私がペシャワール会を知る前から入会している

「カレーズの会」の理事長であり、アフガニスタン人でもある医師の

レシャード・カレッド先生が言われたことです。今ならうなずけます。

 私がなぜアフガニスタンに関心を持つようになったのか。

 それは、アフガニスタンの復興に関係するニュースが流れている時に

見た農業支援という言葉からです。

 このこと以降、アフガニスタンに対しての興味を持ち、「風の学校」の

設立者である中田正一先生の番組、偶然新聞で見つけたカレーズの

会の活動、そして、カレーズの会の活動に参加している時に見せてもらった

ペシャワール会の会報とその活動をテーマにしたマンガ、それらを通して

現地にいきたい気持ちが、強くなりました。

 私は、関心がないことには、まったくと言っていいほど反応しない性格です。

 反応したとしても、すぐに、忘れてしまうか、流してしまいます。その反面、

関心を持ったことはとことんやってみたい、やらなければ気がすまないと

いった面があり、今回は、後者です。

私の現在の力量を判断すると、語学は、はっきりいってダメです。

農業の分野に関しても、経験・知識ともに不足していることは否定できません。

ただ私は、現地の人たちと一緒に成長していきたいと考えています。

 私が目指していること、アフガニスタンを本来あるべき緑豊かな国に、

戻すことをお手伝いしたいということです。

これは2年や3年で出来ることではありません。

 子どもたちが将来、食料のことで困ることのない環境に少しでも

近づけることができるよう、力になれればと考えています。

 甘い考えかもしれないし、行ったとしても現地の厳しい環境に

耐えられるのかどうかもわかりません。

 しかし、現地に行かなければ、何も始まらない。

 そう考えて、今回、日本人ワーカーを希望しました。

      以上です。


海外協力の難しさを感じます。この事件を今後の支援活動に生かして、

伊藤和也さんの死を無駄にしてほしくないです。

伊藤和也さん 安らかにお眠りください。

| | コメント (0)
|

竹島問題

文科省の教科書記述に端を発した竹島問題で、韓国が制裁ならぬ態度を表明している。

今に始まったことではないが、問題を先送りしている日本の政治がだらしないから、官僚も動きがとれず、こんな問題を起こしているのだと思う。

韓国も韓国だ。民間でさえいろんな交流を中止にしてきている。中国も似たところがあるが、話し合いを持とうという気はないのだろうか?どうも前向きに考えていると思えない。

話し合いがつかないのであれば、その島の中心を境界にするか、両国の所有にするか決めてしまえばいい。尖閣諸島もそうだし、北方4島も同じだ。

歴史をさかのぼっていけば、日本の領土になるのかもしれないが、日本のわがままで領土を広げようとしたこともあったのだから、日本は妥協も必要であろう。一時期、台湾や満州、韓国も日本の領土であったわけだが、返却の際にどこまでかを明記していなかったのだろうから、この際話し合って決めるとすっきりする。

自国の利益のみ考えていては日本も韓国も世界に取り残されてしまう。

| | コメント (0)
|

かわいそうな北朝鮮

北朝鮮がミサイルを発射した。
どうだびびったか!とでも言っているのだろうか?
一般市民はまともに食べていけない状況のなか、莫大な金をこんなのに使って、と日本なら言えるのに・・・
考えてみると、金正日は父の教えを守って北を指揮しているわけだが、今の日本でも似たようなことがあるように思える。
父親に成績のことで強く押さえ込まれた医者の息子が、自宅に放火し、母子3人を焼死させた事件。
親に反抗しないでいれば、親も世間体が保てるし、本人も怒られずにすむと思って、いい子を装っている子どもが多いと聞く。
中学生くらいになると、親に反抗してくる。親はあぐらをかいて食事するのにのにどうして私はだめなの、とか、女の子らしくってどういうことなのとか・・・
納得してないのに親の威厳?を押し通そうとする。さらに反抗すればまだいいが、引き下がった子どもはストレスがたまる。
こんなことを繰り返していくと、子どもの心は親から離れていき、親の想像できないところにいってしまう。
いつかストレスを発散するときに、想像のできない行動をしてしまう。
ある意味、犠牲者であるように思えてならない。
北朝鮮も同じようなことがいえる。
かわいそうな金正日。

| | コメント (0)
|

利用客の協力も必要

また、悲しい事故が起きた、吹雪の中でのJR羽越線の脱線・転覆。
 列車走行に関してはマニュアル通りであったかもしれない。どこで測定した風速を基準にしていたかは知らないが、もっとゆっくり走ろうとしなかったのだろうかと思う。定刻より遅れて走行していたとなると、そこまで考える余裕もなかったかもしれないが、事故がおきるたびに残念に思う。
 安全が第一のはずだから、気象条件が悪いときには、時間が遅れてもいいのではないかと思う。もしこの電車が、予定より30分程度遅れて次の駅に無事に到着していたら、待っていた利用客は駅員に詰め寄ったりして文句をいうだろうか?天候による遅れを前もって案内しておけば、そこまでいう人はいないと思う。
 原因追求や、JR東日本での今後の対策が話し合われるだろうが、社内だけにとどめず、利用客の協力も視野に入れてすればいいと思う。利用客を安全に運ぶことが目的だから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|