回復しない日本経済

 
 民主党に期待をしたのですが、トップの考えがぶれては話になりません。

政権をとったのだから、マニフェストのとおり実行すればいいんです。

小沢の言うことなんて聞かなくていいです。小沢は自分のことしか考えてないんです。

このままでは日本も内乱が起きます。あすを生きられない人がいるんです。

何をとりつくろおうとしているのかわかりません。国民が望んでいるからどうのこうのではありません。

子供手当てもすぐに実施すればいいんです。所得制限はしなくていいんです。

そのためにかかる経費を考えたらかえって費用がかかります。

大人の責任は、次世代を担う子供たちを健全に育てることです。

8月31日に政権をとって、ほとんど何もやっていません。

早くしてください。大変なことになります。

| | コメント (0)
|

民主党がんばれ!


「平野官房長官は1日午前の記者会見で、同日付で発令を予定していた独立行政法人・特殊法人の役員人事のうち、国家公務員の「天下り」を根絶するため、26法人42人分を凍結し、後任を「公募」で選ぶと発表した。」
ニュース記事より

こんなに簡単にできるのに、なぜ自民党はしなかったのか? いろんなしがらみがあって身動きができない状態になっていたのかもしれません。政権が変わってよかったと思う例です。自分たちに都合のいいように法律を作って財産を蓄えていたわけですから、悪事追放に国民が立ち上がった結果と思います。

ダム問題や子ども手当てなどマニュフェストに掲げたことが少しずつ実現してたのもしい与党です。

民主党がんばれ!

ただ小沢幹事長の考えは参議院議員選挙をにらんで、自民党をつぶそうと考えているのか少し怖いですけど・・・ 民主党があまり巨大化すると独裁政治をしかねません。抑制政党が40%くらいいるほうがまともな政治ができると思っていますが・・・

| | コメント (0)
|

民主党政権に期待

8月30日の衆議院議員選挙で、民主党が300議席をを超える歴史的大勝利を収めました。
事前にある程度は予想されていましたが、現実になり、自民党は野党として政治に参加することになります。
閣僚も決まりましたが、なじみのない名前の人もいます。東国原知事も知らない人ばっかりだ、と言っていますが、
彼の発言は一政治家としていただけません。
 
プロ野球で言えば、巨人の選手はテレビ放送が多いのでよく知っていますが、パリーグの選手はテレビにあまり出ないので、実力はあっても名前が知れていません。民主党の閣僚はこれと同じようなものと思っています。

今回の勝利の大きな原因は、官僚に対する国民の批判が大きかったのではと思います。これだけ景気が落ち込んでいるのに、天下りなどで自分の稼ぎ場所はちゃんと確保するという、国家公務員としての資質に合わないところが非難を浴びたものと思います。

年金問題の根源の社会保険庁のおえらさんが、政権交代の間隙をぬって天下りを敢行するなんぞ、人間のくずとしか思えません。

大臣の引継ぎも放映されましたが、舛添さんはちゃんと、しかも笑顔でやっていましたが、総務省の引継ぎは文書が置いてあっただけとのことですから、大人気ないと思います。

今までの自民党のやり方と違った動きが早速見えています。
民主党の掲げたマニュフェストが全部実現できるとは思いませんが、国民のために、国民の方に向かった政策を実施してもらうことを期待します。

| | コメント (0)
|

誰のための政治?

中山成彬前国土交通相が次の衆議院議員選挙に出馬しないことを表明しました。彼の選挙区が宮崎であることで、一躍脚光を浴びたのが現宮崎県知事の東国原氏。

すぐに反応したのが民主党の鳩山幹事長。東国原氏が自民党で出馬すると決め付けているのかどうかわかりませんが、「1期目の途中で国政に転出することになれば、多くの県民は失望する。1期、2期と県政をしっかり担当すべきではないか」とアドバイス?

東国原氏が出馬すれば、民主党の不利になると思ったのかどうかわかりませんが、ある意味内政干渉ではないかと思ったりします。もっとも、当の東国原氏は、県民の意向を尊重する、と大人の発言をしています。

解散総選挙がどうのこうの、民主党がどうのこうのと言い争っていますが、国会議員の本来の仕事は、反対政党の批判ではなく、いかに日本をよりよい国にしていくかを議論し、法整備を図っていくことです。

麻生総理大臣の所信表明演説にも失望しましたが、最近の野党のだらしなさにも失望しています。どうせなら、国会議員を衆議院、参議院とも半数に削減し、経費節減をしたらどうかと思います。でも、それって国会議員が決めるんですよね・・・

誰のための政治なのでしょうか?

| | コメント (0)
|

無責任な太田農水大臣の辞任

Masuzoe

大田農水大臣が辞任しました。事故米の対応がまずかったので責任を明確にしたいということらしいです。
もっとも、事故米の事件については何年も前からのことなで、この時期に発覚したことは多少運が悪かったのかもしれません。それでも、「健康に支障はない、ジタバタすることはない。」という、民意を逆なでする発言はいただけません。
太田農水大臣は、つい先日事務所経費計上問題があったのに、事故米の事件が消してしまった感じがします。ひょっとして、事故米のことより、事務所経費計上のことを追求されるほうがいやだったのではないでしょうか? 大臣本人はともかく、周囲の人たちも・・・
今回の辞任は、事故米の転売先を公表した矢先のことで、放火犯が火事を消してくれ、といって姿を消すような無責任さを感じます。知らないで事故米を買っていた誠実な業者は、対応に苦慮しているというのに・・・

今の政治は、国民の政治への関心を、自ら薄くしているようにさえ感じます。

前任者の責任を負って、頼りにならない社会保険庁とともに国民目線でがんばっている舛添厚生労働大臣を見習ってもらいたいです。彼もいろんな問題発言がありましたが、太田農水大臣とちがうところは、国民の側に立って発言しているところです。

.

| | コメント (0)
|

北京オリンピック

いよいよ北京オリンピック

でもなんだかこれまでのオリンピックと違ってわくわく感がない。

チベット問題に端を発して、中国のいやな部分がいろいろ見えてきたからであろう。

政治が人の自由を束縛していることは、自由主義のわれらから見ると不自然だ。

報道も規制を受けるので、真実が伝わらない。他国の人はそうでもないかもしれないが、

中国本国にいてもそうだとすると、悲しくなる。日本に生まれてよかったとつくづく思う。

リンク

タカラスタンダード

| | コメント (0)
|

最近の社会情勢

原油が大幅に高騰し、産出国は、といっても地元の

一部の人たちは大いに賑わっている。

数兆円ものお金をどう使おうかもくろんでいる。

日本の大手企業を買収していったら、と思うと怖くなってくる。

お金が世界を動かすことがまかり通ることになると、

お金のない人たちはどうすることもできなくなる。

20年くらい前に一部の日本の企業が同じようなことをやって

世界の批判を浴びたことがある。

日本人として、反対できないところもある。

スポーツの世界にもおかしな現象が現れている。

ハンドボールのオリンピック予選、公平な立場であるべき審判を

ゲームの直前に中東の審判に変更する中東の連中のやり方に

地元中東の人たちはどう感じているのだろうか?

スポーツは政治が絡んでくるとつまらなくなるものだ。

2008年北京オリンピック 心のそこから応援できるようになりたいものだ。

| | コメント (0)
|